平凡社 世界大百科事典

社会主義者鎮圧法

1878-90年にドイツで実施された社会主義弾圧のための法律。ドイツの社会主義運動は1875年にアイゼナハ派とラッサール派が合同してドイツ社会主義労働者党(後のビスマルクはこれを危険視し,弾圧の機会をうかがっていたが,78年5,6月あいついで起こった皇帝狙撃事件を利用し,帝国議会にいわゆる社会主義者鎮圧法を上程し,同年10月強引に成立させた。この法律は社会主義的傾向をもつ政党や労働組合の結社・集会を禁止し,新聞・雑誌・ビラの印刷・配布を禁じ,〈危険分子〉を特定地域から追放する権限を警察に与えた。この法律の成立は,翌79年の保護関税法採択とともに,ビスマルクの国内政治が保守主義に向かう転機となった。彼は80年代には国家社会政策を実施し,〈飴と鞭〉の政策で労働者を社会民主党から切り離そうと努めた。この弾圧立法は社会民主党に一時打撃を与えたが,同党指導部と党員は強い団結と献身的な活動によって党勢を再び拡大させた。党の機関紙は外国で印刷されてひそかに配布され,労働組合も労働者の互助金庫や労働者教育協会などの形で再建された。こうして弾圧は失敗に終わり,1889年ルールに起こった大炭坑ストライキと翌90年総選挙での社会民主党の躍進(議席11→35)はついにビスマルクを辞職に追い込み,それとともに社会主義者鎮圧法も廃止された。

木谷 勤