平凡社 世界大百科事典

スペーステレスコープ

アメリカ航空宇宙局が中心になって,スペースシャトルに搭載して打ち上げた,口径2.4mの軌道望遠鏡。銀河の赤方偏移を発見したE.ハッブルにちなんでハッブル望遠鏡と呼ばれている。大気圏外で恒星や銀河からくる波長110nmから1mmにわたる電磁波(紫外・可紫・赤外・サブミリ波領域)を,口径の干渉限界いっぱいの解像力で観測できるために,28等級に及ぶ微光天体を検出する能力をもつ。F24のリチクレチアン式カセグレン焦点は,写野が30′近くあるが,これを五分割し,中心部に直接撮像カメラ,四分した周辺部には,高分散分光器,高速測光器,微光天体分光器など,4種の観測器が装着された。1997年にはこれら装置の一部を赤外カメラなどで置き換えた。向きを定めるには望遠鏡を含む軌道天文台全体を姿勢制御する。解像力は可視域で0.″04,指向性能は0.″007。1986年に高度約600kmの周回軌道に打ち上げる予定だったが,86年のスペースシャトル事故のため延期して91年に打ち上げられた。寿命は15年の予定。データは,メリーランド州ボルティモアに新設されたスペーステレスコープ・サイエンス・インスティチュートにより処理管理されている。

小平 桂一