平凡社 世界大百科事典

エスパルト

イネ科の多年草で,日本ではなじみが薄いが,世界的にはパルプ原料その他の用途に注目されている。茎は密生し,高さ90~120cm,円筒形で短毛があり,株まわりは60cmから3mほどまでになる。葉は長さ10cmから1mまでいろいろで,灰緑色である。茎頂に穂をつけ,小穂は1花よりなる。スペイン南部とアフリカ北部に分布する。海岸の乾燥・強光の岩の多い不毛地帯に生じ,ムルシア,バレンシア,アルジェリア地方にとくに多い。若い茎葉は乳牛の飼料としてすぐれている。茎葉は繊維に富み(重量の56%),柔軟かつ強靱であるため,ロープ,バスケット,サンダル,マットなどに加工され,とくに船舶用ロープとして優秀である。茎からパルプをとり,軟らかく半透明で,じょうぶで軽い高級印刷用紙を製する。

星川 清親