平凡社 世界大百科事典

タマカビ

子囊菌類タマカビ目の菌の総称。胞子形成器官である子囊果が,多くは暗褐色~黒色の球形,とくり形で,革質~炭質。子囊果の内部は中空になっていて,細長い子囊という袋が縦に密にならび,子囊内には胞子が縦にならんでいる。代表的な種類には,古畳,わら,壁紙などに生えて繊維を侵すケタマカビ(ケートミウム)Chaetomium,焼跡の木やトウモロコシの芯に生え,遺伝学研究の材料ともされる胴枯病をおこすクリノドウガレ病菌Endothia parasitica(Murrill)P.J.et H.W.Andersonが有名で,クリの枝や幹に寄生して枯らし,アメリカ全土に広がりクリに全滅に近い被害を与えたこともある。

椿 啓介