平凡社 世界大百科事典

キマダラルリツバメ

後翅に2本の尾状突起をもつ鱗翅目シジミチョウ科の昆虫。アリと深い関係をもつ。開張2.3~3cm。翅の表面は暗褐色。雄の前翅の内半部は青紫色に輝く。裏面は淡黄色で多数の黒条がある。中国西部,朝鮮半島および日本に分布する。日本では本州のみに見られ,中国地方から近畿地方にかけてはかなりの産地が知られるが,中部地方以北ではきわめてまれである。低地帯のアカマツ,クロマツ,ソメイヨシノなどの古木の多い社寺の境内や城跡などに生息している場合が多い。年1回発生し,成虫は6月下旬から7月にかけて羽化して8月上旬ころまで見られる。成虫は夕方盛んに活動し,雄は枝先になわばりをつくる。日中は不活発で,ヒメジョオン,オカトラノオ,クリなどの花に集まる。雌はムネジワハリブトシリアゲアリの巣の近くにあるクロマツ,アカマツ,ソメイヨシノなどの古木の樹皮に産卵する。幼虫はみずから樹皮下のアリの巣の中に入り,アリの口から吐き出される物質を食物として育つ。アリはこのチョウの幼虫が分泌するみつをなめる。

高橋 真弓
図-キマダラルリツバメ
図-キマダラルリツバメ