平凡社 世界大百科事典

ツキイゲ

東南アジアから日本の屋久島までの海岸の砂丘に群生するとげのある変わった形のイネ科の多年草。茎は下部が長くはってやや木質化し,上部が立ち上がって,高さ30~50cmになる。葉は茎の節につき,刺針状で,反り,長さ5~20cm,幅3mmくらいで,茎とともに白っぽい緑色で,先は鋭い針に終わる。雌雄異株で,日本では夏に開花する。雄花序は茎の頂に束生した数個の総(ふさ)で,各枝は4~8cm,先端にとげがあり,中央上部に長さ1cmくらいの小穂をやや密につける。雌花序は茎の頂に多数の長さ1cmの雌小穂が頭状に集まったものであるが,各小穂に長さ10~15cmの長い芒(のぎ)があるため,芒の刺針が多数放射状に集まった径20cmの球に見え,珍奇である。インドやマレーシアで海岸の砂防用にされる。和名の意味は不明瞭であるが,突鬚(つきひげ)がなまったものともいわれ,長い刺針状の芒が密生する雌花序に由来するものとする説がある。

小山 鐵夫
図-ツキイゲ
図-ツキイゲ