平凡社 世界大百科事典

カミクラゲ

ヒドロ虫綱キタカミクラゲ科に属する腔腸動物(刺胞動物)。長い触手が傘の縁から頭髪のようにたくさん垂れ下がっているのでこの名がある。日本特産種で,本州から九州沿岸の内湾に冬から春にかけて発生する。傘は釣鐘状で高さ10cm,幅6cm内外,4本の青い放射管から左右に,また環状管からも多くの褐色の樹枝状に分かれた盲管をだしている。生殖腺は雌は褐色,雄は青緑色で,放射管と口柄との中間の放射管上にあり,らせん状になって垂れ下がっている。傘の縁は8等分していて,クラゲが幼体の場合は触手が8群になっているが,触手はしだいに増加して,ついには傘の縁全体から生ずるようになる。水面まで上昇すると,触手を周囲に広げて静かに降り,その間にプランクトンなどの餌をとらえる。着生性のポリプはまだ発見されていない。このクラゲを飼育して見せている水族館もある。

今島 実