平凡社 世界大百科事典

スピルラ

頭足綱トグロコウイカ科のイカで,多室に分かれたらせん形の貝殻をもつところからトグロコウイカの名もある。体長は約4.5cmと小型で,殻は25~35室からなり,それらを連絡する連室細管はオウムガイ類が各気室の中央を貫くのとは異なり,殻のらせんの内側に沿って存在する。殻は動物体が死滅してからも浮遊漂流し,海岸に流れつき,世界の熱帯地方沿岸ではかなりふつうに見られる。本種は海中では体後部を上に,頭腕部を下にしていて,日中は水深およそ500~700mを中心にすみ(最深950m),夜間は100~300mに上昇する。頭足類中唯一の例外として歯舌を欠いているが,後唾液(こうだえき)腺の乳頭状突起が大きな筋肉のしわとなっていて,この運動によって餌の小型甲殻類を口に運ぶ。卵は採集されたことはないが,海洋から採集された最小型は胴長が2mmで,貝殻の第1室ができている。マグロ類などの餌となっている。→イカ

奥谷 喬司