平凡社 世界大百科事典

スピルリナ

ラン藻綱ユレモ科の1属で,細胞糸が規則正しくらせん状に巻くことが特徴である。このことからラセンモの和名で呼ばれることがある。ユレモと同じように,細胞糸はゆれ運動をする。海にも生育するが,淡水産の種類が多く,日本には約10種の生育が知られる。細胞糸の太さは径1~2μmの種類が多いが,S.princeps W.et G.WestやS.gigantea Schmidleのように,4~5μmの太さになる大型の種もある。アフリカのチャド湖の北に点在する天然の炭酸ナトリウムを高濃度に含む小さい湖には,スピルリナ属の1種S.platensis(Nordst.)Geitlerが大量に産し,土地の人はケーキにして食べる。このラン藻は藻体の乾燥重量の45~49%に及ぶ多量のタンパク質を含み,また光合成による高い生産性を示すので,将来の食糧品として注目され,最近,人工養殖による企業化も試みられている。

千原 光雄