平凡社 世界大百科事典

光栄ある孤立

19世紀のイギリスが,その経済力と海軍力を背景にしてとった対ヨーロッパ大陸政策。ウィーン会議(1815)後のイギリスは,〈イギリスの平和Pax Britannica〉を維持するため,大陸諸国間に勢力を均衡させ,自らは大陸の事態から超然として貿易拡大と海外進出に専念した。この孤立政策は,ビスマルクの創出したドイツ,オーストリア,イタリアの三国同盟(1882)とこれに対立する露仏同盟(1891)とが均衡している間は,イギリスの国益に奉仕した。しかし,ヨーロッパ列強の資本主義が次第に発展し,世界各地での帝国主義的対立が激化した19世紀末,イギリスは孤立政策に危険を感じ,同盟政策へと転換する。その第一歩が,1902年の日英同盟であった。さらに中欧でのドイツの強大化やその海軍拡張政策は,英仏協商(1904),英露協商(1907)の締結へと踏み切らせ,イギリスは孤立政策を完全に放棄した。

池田 清