平凡社 世界大百科事典

スポーカン

アメリカ合衆国ワシントン州東部の都市。人口19万6818(2005)。市名は〈太陽の子ども〉を意味するインディアン部族名に由来する。1810年コロンビア川の支流スポーカン川にかかる滝の地点(標高570m)に北西会社が毛皮交易所を設置,71年に恒久的集落が建設され,80年代の鉄道の到来により商業都市として重要性を増した。20世紀初頭には近郊で銀,鉛の採掘がすすみ,さらにグランド・クーリー・ダムの完成(1941)は経済発展の刺激となった。〈内陸帝国Inland Empire〉として知られる半径240kmにおよぶ広大な地域の商業・交通の中心都市で,豊かな鉱産,林産,農産,水資源を利用してアルミニウムの圧延などの工業も発達する。

矢ヶ崎 典隆