平凡社 世界大百科事典

ショウジョウガイ

ウミギクガイ科の大型二枚貝。殻は長さ7cm,高さ8cmであるが10cmに達するものもある。左殻は多少膨らみ,その上には6~7列の大きく長いとげの列が殻のまわりへ出,その間にも細く短いとげの列が多い。また右殻も多少膨らみ,左殻同様に大小のとげの列がある。また殻頂部に白い三角形の部分がある。殻は橙色,またはアズキ色で,ときにとげのみ白いこともある。殻表は生きているときも付着物で汚れていることが多い。内面は白色。紀伊半島以南,沖縄,フィリピンなど熱帯西太平洋に分布し,潮間帯下より水深50mの岩礁に左殻の殻頂で付着する。水中の浮遊有機物やプランクトンを食べる。色や形が美しいので,付着物を落として飾物にする。とげの両側に房のような飾りができて広がっているのは亜種とされ,センニンショウジョウガイS.r.cumingiiという。

波部 忠重