平凡社 世界大百科事典

中央ロシア台地

ロシア連邦西部,ロシア平原中央部に高まる台地。北はオカ川,南はドネツ丘陵で境される。モスクワの南方からはじまり,南へ約1000km,東西幅500kmの広さをもつ。最高点はトゥーラ南方の293m峰であるが,この台地の標高は220~250m程度で,かなり平たんである。雨谷(ガリー)がかなり発達し,通常は涸谷(かれだに)となっているが,大雨のときには土壌浸食が発生する。地層は石灰岩,チョーク,泥灰岩などのほぼ水平に近い堆積層の上を,砂,礫(れき),粘土など後退するときに残した氷河の堆積物がおおっている。広葉樹林とステップの漸移帯からステップ帯にあたるが,早くから農業が行われていたために,クルスク郊外のアリョーヒン土壌地理研究所の域内や,いくつかの自然保護区を除けば,原生林はきわめて少ない。台地に沿ってオリョール,クルスク,ハリコフなどの大都市があり,モスクワとクリミアを結ぶ4号幹線国道と鉄道が北から南へ通じている。

渡辺 一夫