平凡社 世界大百科事典

スリウィジャヤ

インドネシアのスマトラ島東部に7世紀半ばに成立し,8世紀後半に滅亡した王国。マラッカ海峡に近い要衝パレンバンに位置し,南海の古代東西交易(南海貿易)に重要な役割を担った港湾国家であるが,歴史的遺物や史料はきわめて乏しい。中国史料によれば,この国から中国に使を送った期間は7世紀後半から742年までである。碑文史料のおもなものはパレンバンに2個出土し,そのうち1個は682年のものである。このほかバンカ島,ジャンビ(パレンバンの北西方)のハリ川上流,およびスマトラ島南端のパラス・パセマから碑文が出土し,いずれも7世紀後半のもので,文字は南インドのパッラバ文字である。これらの碑文から,当時のスリウィジャヤでは大乗仏教が行われていたこと,2万の軍を動員できたこと,スリ・ジャヤナーシャなる王が〈幸ある園〉をつくったことが知られる。中国に説一切有部(せついつさいうぶ)系の経典類をもたらした唐代の僧義浄は,インドへの往復の途次,この地に長期間滞在し,仏典翻訳のほかに,《大唐西域求法高僧伝》と《南海寄帰内法伝》を著した。義浄の諸記述からも,この地に大乗仏教が栄え,僧侶が1000余人もおり,しかもインドと変わらぬほど仏教の法式が整備されていたことがうかがえる。

 スリウィジャヤは,中国史料には〈室利仏逝〉と記されるが,室利仏逝が742年に最後の中国への遣使をしてのち,インドネシアから中国へ遣使をしたのはジャワの訶陵である。ところで,この訶陵からの遣使は670年に一度中断し,768年に再開されている。すなわちスリウィジャヤは,8世紀後半よりジャワのリゴールで,片面にシャイレンドラの碑文を,もう一面にスリウィジャヤの碑文を記したものが出土しており,このころジャワの勢力がパレンバンよりさらに北部,そしてマレー半島のリゴールにまで及んでいたことがうかがえる。その後,都は北西方のジャンビに移り,中国史料で三仏斉国と呼ばれる王朝がこの地に出現し,中国には10世紀初頭から使を遣わしている。

冨尾 武弘