平凡社 世界大百科事典

ソンツェン・ガンポ(Srong btsan sgam po)

チベット古代王国を建てた王。620年代に日本の冠位十二階に酷似した官位12階制を設けて諸氏族をその下に統一支配した。638年唐と戦って吐谷渾(とよくこん)を分割統治し,640年その子クンソン王に文成公主をめとらせ,またネパールを制圧して,中国,ネパールの文物制度を学び,クンソン王の没後に再登位して西チベットを支配し,646年公主と再婚して唐に忠誠を誓ったが,まもなく没した。

山口 瑞鳳