平凡社 世界大百科事典

スタッフォード

イギリス,イングランド中部,スタッフォードシャーの州都。人口12万2000(1993)。名は古英語で〈上陸地点stæpの浅瀬ford〉を意味する。トレント川の支流ソー川に沿い,18世紀以来の製靴業をはじめ,電気機械,車両,製塩などの工業が発達する。アルフレッド大王の娘で〈マーシアの女主人〉と呼ばれたエセルフレッドが,913年に城砦を建設したのが町の起源で,水陸交通の便に恵まれて市場町として発展し,1206年ジョン王によって自治都市とされた。市内にはエセルフレッドの創建とされるセント・メアリー教会やチューダー時代の木骨造住宅など歴史的建築物が多い。《釣魚(ちようぎよ)大全》の作者I.ウォールトンの生地として知られる。

長谷川 孝治