平凡社 世界大百科事典

スタンホペア

ラン科スタンホペア属Stanhopeaの常緑のラン。メキシコ,ブラジル,ペルーなどの中南米に約50種が分布し,いずれも木に着生している。偽球茎から,やや革質で小さく円錐型で幅広の葉を1枚ずつ出す。花茎は偽球茎からほぼ垂直にたれさがり,その先端に花径14~15cmの大輪の花を1~数個つける。開花期間は短く,花は2~3日で終わる。花は白色や黄色で,紅色をおびるものもあり,強い香りがある。原種がもっぱら栽培されており,園芸品種は少なく,種間雑種もない。冬は最低7~8℃の所におき,乾いたら水やりをする程度で越冬できる。夏は50%遮光した下におき,水と肥料を与えて肥培をする。花期は夏~秋。春,株分けでふやす。

江尻 光一