平凡社 世界大百科事典

スター・ウォーズ

1977年製作のアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。全盛期の西部劇のおもしろさ,その活劇性をよみがえらせて生かす道は〈スペース・オペラ〉(宇宙もの)にあるという手本を示し,以後,ハリウッドのアクション映画の主流を西部劇からSFに変えた1編。〈宇宙時代〉を迎えたという状況とともに,SFの世界には文句なしに〈絶対悪〉の敵役に設定できる,つまり,かつての西部劇におけるインディアンのように,映画の中でいくら殺しても批判されたりしない理想の悪役〈宇宙人〉がいたからだ,とこの映画をルーカスとともに企画・製作したゲーリー・カーツは語っている。コメディ・リリーフ的なロボットのC=3POとR2=D2のコンビが子どもたちに人気を呼び,人形として商品化され,映画のヒット(《JAWS・ジョーズ》の記録を破り,《E.T.》(1982)が出るまで歴代第1位の興行成績を示した)に次ぐ収益を上げた。続編《スター・ウォーズ/帝国の逆襲》(1980),《スター・ウォーズ/ジェダイの復讐》(1983)がある(さらに99年から2005年に新三部作が公開され,6部構成となる)。

岡田 英美子+広岡 勉