平凡社 世界大百科事典

ステーショナーズ・カンパニー

イギリス絶対王政期に活動した印刷・出版関連業種の同業組合。1557年5月4日,異端統制を意図するメアリー1世の特許状を受けて結成された。組合員以外が印刷関連業務につくことを禁じ,組合に違法出版物の全国捜査権,一定度の処罰権をあたえられた。自主統制機関として,活字文化の形態,言論統制に多大の影響をあたえた。17世紀に入るとギルド規制は産業の成長を阻害するようになり,ピューリタン革命期に〈独占〉を攻撃され,現実の規制力を失った。

香内 三郎