平凡社 世界大百科事典

ゲオルゲ(Stefan George)

ドイツの詩人。ライン左岸の町ビンゲン近くのビューデスハイムBüdesheimの生れ。生家は豊かなワイン商。父方はロートリンゲン,母方はビンゲン付近の出で,ゲオルゲ自身はフランスの血を強く意識した。カトリックの信仰厚い無口な母親に似ていた。少年の頃すでに孤高の風があり,語学の才に恵まれロマンス語風の秘密語を作って表現の孤城を築こうとした。ギムナジウム卒業後ヨーロッパ各地を旅行。パリでマラルメに会い,大地を神秘的に解くことを詩人の天職とする考えと,言語表現が純粋美の法則に従う実例とに触れ,長く消えない影響を受けた。1892年創刊の雑誌《芸術草紙》はパリ体験の成果のひとつであり,彼を指導者とするゲオルゲ派の基盤となった。作品集は初版刊行のとき,ほとんどが私家版であった。詩編の特徴は連作形式,独自の活字と句読点,名詞の頭に小文字を用いる。初期は伝説に取材した《アルガバル》(1892),《架空庭園の書》(1895)等。中期は自然に彩られる《魂の一年》(1897),《生のじゅうたん》(1900)。ゲオルゲがギリシア的人間理想の肉化を見た,若年の詩人マクシミーンとの交友と彼の早死の衝撃から生まれた3詩集,《第七輪》(1907),《盟約の星》(1913),《新しい国》(1928)がある。これらの作品の主要部は一貫して連作形式で,ゲオルゲの詩魂の働く様態を映している。翻訳家としても優れ一家言を持ち,ボードレール,ダンテ,シェークスピア等の訳を〈作り変え〉と称した。

助広 剛