平凡社 世界大百科事典

オオギハクジラ

ハクジラ亜目アカボウクジラ科の哺乳類。歯は下顎中央付近に1対あり,扁平で大きく,成熟した雄では長さ15cm,幅10cm,厚さ2.5cmあるのでこの名がある。オオギハクジラ属12種の一つで北太平洋に分布する。本属の種類はいずれもまれな種類であり,ときおり海岸に漂着する死体から生物学的知見を得るのみである。現在知られている最大個体は,雌雄とも5.25mで,外形はアカボウクジラに似るが,背面は灰黒色で下面は淡色,体は左右に扁平である。頭部は小さく,やや細長い吻(ふん)から滑らかに前頭部に移行する。下顎骨中央部は瘤状に隆起し,成体ではそこに1対の大きな歯が生える。サケ・マス流し網でとられたり,海岸に漂着した個体が,日本海から数例知られているほか,アレウト列島,ベーリング海などからも知られており,寒冷域に分布すると思われる。成長,繁殖などについては不明。

粕谷 俊雄