平凡社 世界大百科事典

ムラサキホコリカビ

変形菌門,真正変形菌亜綱,ムラサキホコリカビ(ムラサキホコリ)目に含まれる変形菌の総称。ムラサキホコリともいう。日本では腐朽木などの上に発生し,きわめて普通に見られる。変形体は乳白色であるが,子実体は高さ5~20mm程度。胞子囊は長円柱形で先端は丸く,柄があり,紫褐色を呈するところから和名がついた。胞子囊が密に集合して大きな目だつコロニーを形成する。胞子は淡赤紫色で,表面にわずかな突起がある。純粋培養は困難であるとされている。代表種はS.splendens Rostafinsky。

椿 啓介