平凡社 世界大百科事典

オトヒメエビ

甲殻綱オトヒメエビ科の美しいエビで,白色の地に頭胸甲に一つ,第3腹節,第5~6腹節,第3胸脚の長節と腕節に各一つ,掌部に二つの濃赤色の横縞がある。体長5cm。体全体が鋭いとげで密に覆われており,触角は著しく長くて白い。胸脚の前3対にははさみがあり,第3脚はとくに大きい。房総半島以南の西太平洋,インド洋,大西洋西部の西インド諸島に分布し,岩礁性海岸の浅海やサンゴ礁にすんでいる。ハタやウツボなどの大型魚類が近寄ってくると体表に乗り,ときには口の内部まで気楽に入り込んで外部寄生虫を取り除く。この奇妙な習性は清掃共生と呼ばれているが,互いにかなり積極的で,岩のくぼみにすむエビの長くて白い触角を目印に魚が集まってくるようである。同じような習性をもつエビにモエビ科のアカスジモエビLysmata amboinensisが知られている。体色は白色,赤色,黄色が縦帯状にぬり分けられており,やはり白くて長い触角がよく目だつ。

武田 正倫
図-オトヒメエビ
図-オトヒメエビ