平凡社 世界大百科事典

ロホナー(Stephan Lochner)

ドイツの後期ゴシックの画家。ボーデン湖畔のメールスブルクの生れと考えられる。1430年ころケルンに移り,いわゆる国際ゴシック様式の優美な装飾性を示し,《キリストの神殿における奉献》(1447)とともに彼の代表作に数えられる。

千足 伸行