平凡社 世界大百科事典

カワハギ

フグ目カワハギ科の海産魚。本州中部以南,南方水域に広く分布する。体は著しく側扁し,突出した吻(ふん)の先端に小さな口がある。皮膚はかたく,うろこは小さくて微小なとげがあるため体の表面は絨毛(じゆうもう)状を呈する。瀬戸内地方でハゲ,福岡でカワムキなどの地方名も,標準和名のカワハギも,かたい皮をはいで食膳に供するところからつけられたものである。第1背びれと腹びれは退化していずれも1本の棘(きよく)だけになっている。体は黄灰色の地に黒褐色の不規則な斑紋が散在しているが,仲間どうしの闘争で勝者は体全体の黒みが増し,敗者は淡色となる。ひれは黄色で,雄魚では第2背びれの第2軟条が糸状にのびている。産卵期は6~8月で,稚魚は藻場に群れたり,流れ藻について泳いでいる。成長につれて岩場に移るが,遊泳力は弱く,垂直びれを波状に動かして前進あるいは後退する。全長は25cmに達する。甲殻類,貝類,ゴカイなどを捕食する。釣りにかかっても上下両あごのかたい歯で糸を食いちぎって逃げることが多いので,釣師から〈餌とりの名人〉といわれる。刺身,煮魚,ちりなべなどとして賞味され,肝臓も珍重される。近縁種のウマヅラハギNavodon modestusはカワハギよりやや沖合にすむ。全長30~40cm。馬面の名のように顔が長い。

日比谷 京
図-カワハギ
図-カワハギ