平凡社 世界大百科事典

ダグラス(Stephen Arnold Douglas)

アメリカの政治家。1843-47年イリノイ州選出連邦下院議員,47年以降は連邦上院議員。準州をめぐる南北の対立を調停すべく活躍。54年のカンザス・ネブラスカ法案は,ダグラスの提案になる。58年の州選挙では準州における奴隷制の合法性をめぐって有名な〈リンカン=ダグラス論争〉を展開するが,その結果,南部の支持を失い,60年の大統領選挙では,民主党の指名を獲得しながらリンカンに敗北を喫してしまう。

長田 豊臣