平凡社 世界大百科事典

スレマツ(Stevan Sremac)

ユーゴスラビアの小説家。ボイボディナの生れ。ベオグラードに学んだ後,中学教師としてニーシュ,ピロット,ベオグラードで生涯を送る。そこで知りかつ親しんだ民衆の生活をユーモアたっぷりに描き,セルビア文学に独自の地歩を占めた。代表作は,生れ故郷の風俗を集大成した《チーラ坊主とスピーラ坊主》(1898),ニーシュの新旧世代相を戯曲化した《ゾーナ・ザンフィロバ》(1903)。

田中 一生