平凡社 世界大百科事典

ハタゴイソギンチャク

花虫綱ハタゴイソギンチャク科の腔腸動物(刺胞動物)。鹿児島県以南から西太平洋,インド洋,オーストラリアに分布し,サンゴ礁の間にすむ。〈ハタゴ〉は旅館の意味であって,このイソギンチャクの触手のまわりをクマノミが出入りしているところから名づけられた。口盤の直径はふつう30~60cmであるが,なかには1mにもなるものがあり,世界でもっとも大きい種類である。口盤は赤褐色で,広く,ひだになっていて,その上に非常に多くの短い触手が密生している。体壁の色彩は,灰色,灰緑色,紅褐色など変異に富んでいる。体壁の上方には淡紫色の吸盤がある。触手は灰色か褐色で,先端が紅色や緑色のことがあり,粘着力が非常に強い。触手のまわりや口道の中に,クマノミの類が共生している。

今島 実