平凡社 世界大百科事典

ストケシア

北アメリカ原産のキク科の多年草。和名ルリギク。一名宿根ヤグルマギクというが,ヤグルマソウ属ではない。日本へは大正初期に輸入され,花壇用宿根草,または切花として栽培されている。平滑な,先がとがる広披針形葉を根生し,7~8月ごろ,30~60cmの高さに花茎を直立させ,茎上に径10cmぐらいの頭状花を咲かせる。舌状花は切れ込みがあり,花型はニオイヤグルマに似る。花色は藤青色のものが一般的であるが,白色やばら色,あるいは黄色がかった紫色花のものもある。耐寒性のあるじょうぶな宿根草で,日当り,排水のよい場所であればどこでもよく育つ。繁殖は株分けによることが多く,株分け定植は春または秋に行う。実生もでき,採りまきし,翌春,定植をすれば,夏には花をつける。鉢栽培も容易である。

柳 宗民