平凡社 世界大百科事典

ストーンヘンジ

イギリス,イングランド南部,ソールズベリー平野にあるヨーロッパ随一の巨石記念物。新石器時代後期から青銅器時代にかけて(前2500~前2000ごろ),大きく3回に分けて造営された。Ⅰ期には,外側に堀をもつ幅6m,高さ1mほどの土塁を径100mの円形にめぐらし,その内側の同心円状の位置(径86m)に56の土坑を掘っている。この土坑からは火葬人骨が出土した。北東の開口部の外には高さ5mの自然石(ヒール・ストーン)が立てられ,さらに,土塁と土坑列に重なって,低い土盛りの上に石を立てた施設(ステーション)が4基設けられた。Ⅱ期には,中心からほぼ13mと11mの位置に同心円状に二重に,それぞれ38個の立石を配した。ブルーストーン・サークルである。開口部はⅠ期と一致し,そこから幅13mの道路状遺構(アベニュー)がほぼ550m北のエーボン河畔まで通じている。現存する壮大な巨石記念物はⅢ期に構築された。ブルーストーン・サークルより一回り大きく,径30mの円周上に30個の巨石を立て並べ,この立石の上に楣(まぐさ)状に巨石をのせ輪状に連結した(サーセン・サークル)。立石は1個25t,楣石は7tに及ぶ。この石列内に,30cmの間隔をおいて立てた2個の巨石の上に楣石をのせた総高7mの通称トライリソンを5組,馬蹄形に配置している。この時期には,ブルーストーンもサーセン・サークルとトライリソンの内側に配置し直された。ストーンヘンジについては,魔術師ドルイド教徒の祭祀場とみる説があった。実際はそれよりはるかに古いものだが,それが特殊な祭祀遺跡であることは疑いない。すでに18世紀にヒール・ストーンの方向が夏至の日の出の方向に一致することが指摘され,最近では巨石や土坑などの配置や高さなどから,さまざまの天文観測の可能性を推測し,それを中心とした祭祀執行の場とする説も提出されている。

田中 琢