平凡社 世界大百科事典

ストラスブール

フランス東部,アルザス地方の中心地で,バ・ラン県の県都。人口26万3682(1999)。ドイツ語ではシュトラスブルクStrassburg。ドイツ国境より約3kmのイル川沿いに位置する。ライン川とローヌ川,マルヌ川を結ぶ運河の合流点で,大河港をもち,道路・鉄道交通の要衝である。中世にはケルン,マインツと並んでライン三大都市の一つに数えられた。アルザスの工業中心地の一つで,機械・電気・食料品工業,ビール醸造業,製紙,精油,火力発電,水力発電などが盛ん。また行政と文化の中心(ストラスブール大聖堂)などがあり,観光の中心でもある。旧市街には,ローアンのシャトー(18世紀初め)など数多くの古い建物が残り,〈小さなフランス〉と呼ばれる一郭は絵のように美しい。オランジュリー公園のそばには,フランスとドイツの和解の象徴ともいうべき,1950年に設立されたヨーロッパ議会がある。また,イタリア,フランドル,オランダの絵画を中心に収蔵する美術館のほか,装飾美術館,近代美術館,考古学博物館なども知られる。

 ストラスブールはローマ軍の駐屯地の一つでアルゲントラトゥムArgentoratumと呼ばれていた。855年以後,神聖ローマ帝国に属した。グーテンベルクは1434年から47年にかけてストラスブールに住み,印刷術を創始した。1681年にフランスに併合され,87年にボーバンによって城砦が建設された。ゲーテとメッテルニヒはここの大学で学んでいる。1792年にルジェ・ド・リールが〈ライン軍軍歌〉(《ラ・マルセイエーズ》,現,国歌)を歌った最初の地でもある。1870年普仏戦争でドイツ軍に占領されてライヒスラントの役所がおかれ,1918年までドイツ領。第2次大戦中,芸術的価値の高く古い中心部を除いて損害を受けたが,44年ルクレール将軍によって解放された。

 ストラスブールは14世紀の城壁の中に人口8万(1860)を収容していた。都市を取り囲む沼地のため,城外に発展できなかったからである。1871年から1914年にかけて都市周辺の沼地が埋め立てられ,ドイツ風の都市が建設された。しかし,都市の成長は農業が行われるレス(黄土)丘陵上で止まり,線状のアグロメレーション(人口集積地域)は東西10km,南北25kmに及んでいる。中世の港がイル川にあったストラスブールは,ライン川の島々を利用してラインの港を造った。一方,河川の改修工事によって航行はストラスブールまでさかのぼることができるようになった。ストラスブール港は1924年に自治港となっている。港全体は南北約10kmにわたって続いている。ストラスブールは長い間河川航行の終点で,下流から到着しスイスやロレーヌに達する穀物,鉱石,石炭の集散地であった。北方へ向かう鉄鉱石,ロレーヌの製鉄製品とオー・ラン県のカリ塩の集散地でもある。しかし,アルザス大運河が完成し,河川航行の終点もバーゼルまでさかのぼり,ストラスブールの役割は一部奪われた。

大嶽 幸彦