平凡社 世界大百科事典

ストラトン(Stratōn)

古代ギリシアの哲学者。ランプサコス出身。リュケイオン(ペリパトス学派の学園)においてテオフラストスに学び,師の没後,同学園の学頭を継承した。一時期アレクサンドリアに赴き,同地の学派の基礎を固めた。44の著作名が知られているが,残存断片はきわめて少ない。自然学関係の業績にすぐれ,とくにアリストテレス以来の伝統に異を唱えて,空虚(真空)の存在を実験的に立証したことでよく知られている。

藤澤 令夫