平凡社 世界大百科事典

ストレリチア

バショウ科ゴクラクチョウカ属Strelitziaに属する多年草で,南アフリカに4~5種を特産する。葉は対生し,革質で,バショウの葉に似る。葉鞘(ようしよう)の間から花茎を伸ばし,その先に花がつくが,舟形の仏焰苞(ぶつえんほう)の上に白・橙黄色などの花が数花咲く。オオギバショウモドキS.alba(L.f.)H.C.Skeels(=S.augusta Thunb.)はケープタウン,ナタールの森林湿地に自生し,直立した茎を有し,高さは10mにもなる。葉は鮮緑色で光沢があり,茎の頂部から左右へ扇を広げたように展開し,葉身だけで長さ60~120cmに及ぶ。花は仏焰苞が紫灰色,萼と花冠は純白でみごとである。ルリゴクラクチョウカS.nicolai Regel et Koern.は,南アフリカ原産。前種に似るが,花はさらに大きく仏焰苞は帯赤栗褐色,花冠は青い。ゴクラクチョウカS.reginae Banks(英名bird-of-paradise flower)はケープタウン原産。高さ1~2mで,株もとから葉柄がなん本も立ち上がり,その先に長さ40cm,長楕円形の葉をつける。仏焰苞は緑色,花は橙黄色,舌状花弁は碧紫(へきし)色で美しい。切花としてよく使われ,日本でも暖かい地方ではハウスでの切花栽培がさかんである。

 いずれも性質は強く,乾燥ぎみにつくる。冬は3~5℃以上を保つのがよいが,生育適温は10℃以上。つねに日当りのよい場所に置く。培養土は肥沃なものがよい。繁殖は株分けで6月ごろ,まれに種ができるが,これは5月にまく。

坂梨 一郎
図-ストレリチア
図-ストレリチア