平凡社 世界大百科事典

シラコバト

ハト目ハト科の鳥。ヨーロッパからインド,中国,朝鮮半島まで分布している。日本では関東平野の埼玉県を中心に茨城県,栃木県,千葉県,東京都の一部に限って生息する。〈越谷のシラコバト〉として国の天然記念物で,埼玉県の県鳥。全長約33cm。全身淡い灰褐色で,後頸(こうけい)によく目だつ黒帯がある。尾は両側が白く,下から見ると先のほう半分ほどが白い。くちばしは黒く,脚は赤い。ポーポーポポーと静かなおとなしい声で鳴く。農耕地や屋敷林などが散在する場所にすみ,樹上に小枝を集めて皿形の巣をつくる。卵は白色で1腹2個,抱卵期間は14~16日。最近は人工建築物に営巣する例も知られている。植物の果実や種子など,おもに植物を食べる。

柳沢 紀夫