平凡社 世界大百科事典

ストレーザ会談

1935年4月11~14日,イタリア北西部の町ストレーザでドイツ問題を討議したイギリス,フランス,イタリア3国の首脳会談。この年の3月16日,ドイツが徴兵制を布告し,本格的な再軍備にのりだすと,脅威を感じたフランスは,イギリス,イタリアを誘って,ドイツの国際義務の一方的破棄にたいする対抗策を検討した。しかし会議では,オーストリアの独立保障,ロカルノ条約の再確認といったものを除き,対独制裁についてはイギリスの消極的態度もあって具体的な合意は何一つ生まれなかった。それのみか,そのころすでに半ば公然化していたイタリアのエチオピア侵略計画を,他の2ヵ国が事実上黙認するという結果になった。この会議はまたストレーザ戦線Stresa Frontとも呼ばれる。

平井 友義