平凡社 世界大百科事典

ダツ

ダツ目ダツ科の海産魚。近縁種と混称され,ダス,スズ,ナガサヨリなどの名もある。体は細長く,両あごが著しくのびくちばしとなって鋭い歯を備える。背側は濃い青緑色,腹側は白い。全長1mに達する。分布は北海道以南の各地,沿海州,朝鮮半島の沿岸から東シナ海に及び,とくに南日本に多い。産卵期の夏には小群をなして藻場に現れる。卵の表面には粘着性の糸が生えており,これで海藻にからみつく。稚魚はしばらく流れ藻や流木などについており,サヨリの稚魚群に混じることも多い。稚魚期にはまず下あごがのび,成長につれて上あごものびる。初めは動物プランクトンを食べて育つが,成魚はイワシ類などを追い,くちばしを使って捕食する。水面下を速く泳ぎ摂餌量も多い。雌雄とも1年で全長40~50cmとなり成熟する。サヨリに似てよく空中に跳び出し,漁師が負傷することがある。夏季に美味となる。ダツの骨は胆汁色素の沈着によって青緑色を呈する。

羽生 功
図-ダツ
図-ダツ