平凡社 世界大百科事典

構造土

地表面にみられる,多少とも対称性をもった幾何学模様の総称。英語ではpatterned ground(模様地面)といい,実体をよく表しているが,ドイツ語の方が古くから使われており,日本ではその訳語が定着している。構造上は乾燥地域にもみられるが,周氷河地域に最も普遍的に分布するため,とくに断らないかぎり,凍結・融解作用によって生じた周氷河地形の一種として扱われる。土中の礫(れき)がより分けられて模様を作っているものを礫質構造土,土中に礫を含まないか,あっても淘汰が不良で,土が模様を作っているものを土質構造土,植物に覆われたものを植被構造土として区別する。さらに平面形によって円形土,多角形土,網状土,縞状土,階状土に分け,双方を組み合わせて礫質階状土,土質多角形土,植被円形土などと呼ぶ。その大きさは凍結深度の浅い熱帯山地や,日本のような温帯山地で小さく,直径または幅が数cmから1m程度のものが多いが,アラスカやシベリアの永久凍土地帯には,1辺が数十mの巨大多角形土が分布する。構造土の大きさは,土の性質や含水量にも左右されるので,それを単純に寒さの指標とするわけにはいかない。円形土や多角形土は基本的には,地面の凍結による凍結割れ目の形成,凍上および融凍時の不等沈下,凍結・融解の反復による土壌物質の水平・垂直方向への差別的な移動,それに伴う構造土の細胞の中心への突き上げによって,平たん地に生じる。斜面ではそれらの作用に周氷河地形

小疇 尚