平凡社 世界大百科事典

ヒステリー研究

S.フロイトとJ.ブロイアーによる共著として,1895年に刊行された著作。ブロイアーによる自由連想法を発見し,これによって精神分析が誕生した。また,ヒステリーの原因として,ブロイアーが類催眠状態を重視したのに対し,フロイトは性衝動と自我によるその抑圧を重視し,両者はしだいに離れていくが,そのような経緯が各症例報告を通して読み取られて興味深い。

馬場 謙一