平凡社 世界大百科事典

シロボヤ

ホヤ綱エボヤ科の原索動物。体が白いのでこの名がある。本州から九州にかけて分布し,内湾に設置してある諸施設に付着する。体長5~7cmの楕円形で,体表には多くの塊状の凹凸がある。入水孔は体の上端に開き,出水孔は背側のやや下方に開いている。体の表面は,かたい革質で泥やフジツボ,海藻などが付着していることが多い。養殖用のいかだ,桟橋,船底や漁網などに多量に付着し,大きな害を与えることがある。汚損生物の一つとされ,漁網の15cm×20cmの面積に280g付着していた例がある。

今島 実