平凡社 世界大百科事典

エノシマサンゴ

ヒドロ虫綱サンゴモドキ科の腔腸動物(刺胞動物)。アカサンゴやモモイロサンゴなどに外形は似ているが,軸骨が軟らかくて装飾品に加工できないため俗にサンゴモドキ,ダメサンゴなどとも呼ばれる。本州中部以南に分布し,水深50~150mの岩礁底に着生する。高さ15cmほどの群体になり,一平面上に枝分れする。色は桃色で枝の先端部は淡い。表面は一見平滑であるが,微細な虫様の模様がついている。また円口孔系は花紋状であって一般に前面に多く分布している。

今島 実