平凡社 世界大百科事典

算経十書

中国の古典数学書の総称。唐代には数学者を養成する学校〈算学〉が設けられ,学生を2班に分け教授が行われた。第1班は《九章算術》《海島算経》《孫子算経》《五曹算経》《張邱建算経》《夏侯陽算経》《九章算術》である。銭宝琮が校点を加えた《算経十書》(1963,中華書局刊)が便利である。

藪内 清