平凡社 世界大百科事典

マツナ

海岸の砂地にはえるアカザ科の一年草。和名は葉が松葉のように細いことからついた。若い葉や茎が食用となるため,栽培されることがある。茎は斜上し,高さ40~80cm。下部でよく分枝する。葉は線形で密に互生する。長さ1~3cm。花は8~10月に咲き,上部の葉の葉腋(ようえき)に1~3個ずつ着く。両性花で,花被は5枚あり宿存性。果期には果実を包んで星形となり,径約3mm。果実には1個の黒色の種子がある。種子は含油量が多く食用とされ,また肥料用の油かすをとるのに使う。中国では漆や墨を溶かす油をとる。マツナ属Suaeda(英名sea-blite)は約100種を含み,世界中に分布する。砂漠や海岸の乾性地に適応した種が多い。日本にはほかにハママツナS.maritima (L.) Dumort.とシチメンソウS.japonica Makinoがある。前者は北半球の海岸に広く分布する種で,マツナよりも葉が太く多肉質で,各地で食用に利用されている。後者は北九州と朝鮮および中国東北部の塩性湿地に隔離分布する。植物体が緑から赤へと色変りし,秋には群落が真っ赤になり人目を引く。和名はこの性質をシチメンチョウになぞらえたもの。

矢原 徹一