平凡社 世界大百科事典

スービック湾

フィリピン,ルソン島南西部のバターン半島西岸にある天然の良湾。東,西,北の3方をサンバレス山脈で囲まれ,幅5~10km,奥行き15kmで南シナ海に開ける。1901年に湾奥東岸のオロンガポOlongapoにアメリカ海軍基地が設けられ,その後基地施設は大きく拡張され,アメリカ海軍太平洋艦隊の母港として極東最大規模を誇るまでになった。アメリカ軍は92年に撤退し,基地の跡地は自由貿易地区として開発されることになった。基地の街として発展したオロンガポ市は人口18万(1995)を擁する。湾名は湾奥のスービック町に由来する。

梅原 弘光