平凡社 世界大百科事典

バーラティー(Subrahmanya Bhāratī)

南インドのタミル・ナードゥ州の国民的詩人で,タミル近代詩の創始者。タミル口語体の価値を再認識し,会話の自由な表現や民謡のリズムを取り入れて,伝統的な詩形式を革新した。旧来の詩の概念にとらわれず,テーマも日々の生活やそれを取り巻く状況から積極的に取り入れ,抗英独立運動に参加しながら数多くの政治詩をつくった。短詩の名人とされるが,長編詩にもすぐれ,代表作に《クイルパーットゥKuyil-pāṭṭu(郭公の歌)》がある。シャクティŚakti女神の熱烈な信奉者で,晩年は伝統的なベーダーンタ思想に回帰して,神秘的・哲学的な詩をつくった。宗教詩の代表作としてクリシュナ神をたたえた《カンナンパーットゥKaṇṇan-pāṭṭu(カンナンの歌)》がある。

徳永 宗雄