平凡社 世界大百科事典

スチャバ

ルーマニアのモルドバ地方北部,シレト川上流右岸に発達するスチャバ台地に位置する都市。同名県の県都。人口10万6831(2005)。標高341m,年平均気温8.0℃。古くから中央ヨーロッパや北ヨーロッパ,特にポーランドと黒海沿岸とを結ぶ交通の要地であった。政治・経済の中心地になり,14~16世紀には,モルドバの主都になった。当時,建設されたスチャバ城(別名スカウン城)は,非常に堅固で城壁の厚さは4mにも達したが,今では城跡のみ残る。また14世紀のミラウチロール教会をはじめ,16世紀の聖ドゥミトル教会,聖ゲオルゲ教会,17世紀のザムカ修道院などがある。都市の近代化が急速に進み,パルプ・製紙工業が導入された。ブコビナ地方と呼ばれる市の北西40~70kmには,ボロネツ,モルドビツァ,プトナ,シュツェビツァなど宗教壁画のある修道院があり,ルーマニアの代表的な観光地の一つとなっている。

佐々田 誠之助