平凡社 世界大百科事典

ズデーテン

チェコ北部,ドイツ,ポーランドと接する地域の呼称。チェコ語ではスデーティSudety。名称は,チェコ北部一帯に広がるズデーテン山地に由来する。ズデーテン地方を指す範囲は時期によって異なるが,大別すると(1)チェコ北部のドイツ人居住地域,(2)ドイツ人とチェコ人のすべての混在地域,をさす。ただし1938年9月のミュンヘン協定以降は,ドイツの第三帝国に編入された地域を,39年3月チェコ自体がドイツ第三帝国に併合されてから45年まではズデーテン・ガウまたはガウ・ズデーテンと呼ばれる三日月形のチェコ縁辺地帯をさす。

 旧チェコ王国領(ほぼボヘミア,モラビア,シュレジエンの一部から成る)に住むドイツ人は,元来ボヘミア系ドイツ人あるいはドイツ系ボヘミア人と呼ばれていたが,1910年代以降,ドイツ人居住地域間の連帯意識,民族意識を高めるズデーテン・ドイツ人なる名称が一般化した。彼らの起源は古く,13世紀に隆盛を迎えるドイツ東方植民時代にさかのぼる。チェコ王国の歴代の王侯は,財政基盤の確立を図るため,ドイツ人の農民,職人,商人らの入植をおおいに奨励した。彼らは主としてチェコの北・西・北東部に入植し,開墾,都市建設,鉱山開発を積極的に進めチェコの経済的発展に力を与えたが,同時にドイツ語やドイツ文化の移入を通じてチェコの文化的発展にも寄与した点を忘れてはならない。だが彼らの身分は都市法や鉱山法によって保護されたために,やがて特権的な社会層を形成し,王権,教会と結びつきチェコ人を支配していった。ことに16世紀以降のオーストリア・ハプスブルク家の中央集権化政策は,チェコ王国におけるドイツ化を促進させ,三十年戦争におけるチェコ貴族の敗北はこの傾向を著しく強めたといえる。

 18世紀末に始まるチェコ人の民族的覚醒運動が,19世紀に対オーストリア政策への政治要求となって展開されると,チェコのドイツ人も本国のドイツ人あるいはオーストリア世襲領内のドイツ人との同族意識,帰属意識を相対的に強めていった。19世紀後半には,成長著しいチェコ人ブルジョアジーが民族資本を背景にオーストリア・ハンガリー帝国議会で勢力を拡大し,政府もその力を利用する目的でチェコにおける言語の平等使用権などの民族的要求をチェコ人に承認するに及んで,ドイツ人は民族的な危機意識を深めていった。1918年,チェコスロバキア共和国の成立に際して,ドイツ人はその居住地域のチェコスロバキアからの分離,オーストリアないしはドイツへの編入の動きを示したが,政府が民族の自治を大幅に認めることで合意し,領内にとどまることが確定した。だがチェコ人とドイツ人の共存は長くは続かず,ドイツ人資本の国家への返還,チェコ語の公用語化などの政策で,ドイツ人は政治的・経済的圧迫を受けることになった。こうした中でドイツとの連帯を強化しつつ,自治の要求をめざすズデーテン・ドイツ人祖国戦線が1933年にヘンラインによって結成された(1935年,ズデーテン・ドイツ人党と改称)。かねてからこの地域に野心を抱いていたヒトラーは,ズデーテン・ドイツ人の激しい民族主義的要求を背景に,38年9月のミュンヘン協定で,ズデーテン・ドイツ人救済を口実にこの地域をドイツに併合した。45年を境に国境が旧に復すると約250万人のズデーテン・ドイツ人が国外,ことに西ドイツ各地に移住していった。彼らは今日なお強い結束力を示し,ドイツ,オーストリア各地で定期的に祭典を行っている。

稲野 強
平凡社 世界大百科事典

ズデーテン山地

チェコの北部一帯に広がる山岳地域で,ポーランド,ドイツ国境に接する。現在のイーゼルスケー・ホリJizerské hory,スニェシュカSněžka山(1602m)をもつクルコノシェKrkonoše,オルリツケー・ホリOrlické horyの総称として,20世紀にドイツ人が命名。ニサ(ナイセ)川付近からオドラ(オーデル)河谷に至る長さ約310km,幅30~60kmの地域である。金,銀,銅,鉄,石炭,ニッケルなどの鉱物資源が豊富で,すでに12世紀ころから,主としてドイツ人入植者により開発が進められ,ボヘミア工業の原動力となった。

稲野 強