平凡社 世界大百科事典

スカイナ(Sukayna)

ウマイヤ朝時代のアラブの貴婦人で,第4代カリフ,アリーの孫。フサインの娘であり,母ラバーブは大詩人イムルー・アルカイスの血筋をひくという名家の出。教養も容貌も兼備しており,生涯に10人もの名士と結婚。メッカとメディナに構えた邸宅は,上流・教養階級のサロンとなり,カーバよりもこの邸宅に寄る方が主目的の巡礼者も出るほどであった。衣装も髪型も新しい流行をひらき,スカイナ流と称され,一世を風靡した。

堀内 勝