平凡社 世界大百科事典

スラウェシ[島]

インドネシア中央部に位置する大島。大スンダ列島の一つ。旧称セレベスCelebes島。面積17万9400km2,人口1490万(2000。属島も含む)。構造的にはアルプス・ヒマラヤおよび環太平洋両造山帯の会合地域にあたり,地盤の変動が激しく,特異なK字状の形を示す。ミナハサ,南東,南西および東の四つの半島を突出させるが,島の中央部は地形高峻で最高点は3455m(ランテコンボラ山)に及ぶ。数条の地溝帯もあり,そこにポーソ,マタナなどの湖水をたたえる。気温は常時高温であるが,海風の浸透でかなりしのぎやすい。雨量も一般に多く,全島はなお密林の卓越する所が多い。

 島の原住民は奥地にプロト・マレー系のブギス族,マカッサル族などの有力な第二次(開化)マレー系が占居する。そして島の歴史は久しくこれら奥地住民と海岸住民との対立抗争により特色づけられてきた。南部の第二次マレー系は活動的で,船乗り,商業によりマレー諸島各地に進出し,また近代には島の南部にゴワ,ボネ(ボニ)などいくつかの有力なスルタン王国を成立させた。しかしスラウェシは東方の香料群島(モルッカ諸島)への中継基地として近世以後,ポルトガル,スペイン,オランダの進出地とされ,やがて全部がオランダ領となった。第2次大戦後スラウェシと改称され,行政的には南・北2州に分けられ(現在は4州),新しい時代を迎えた。島の人口の70%は南部に集中し,特にウジュン・パンダン(旧,マカッサル)を中心とする南西半島が開けている。米,トウモロコシ,豆類など各種農産物がつくられ,ウジュン・パンダン北方では水力開発も進んでいる。これに対しもう一つの中心は,メナドを中心とする北東部のミナハサ地方で,コプラ,木材の生産が多く,近年は沿岸漁業の基地にもなっている。これら二つの地域を除くと,島の大部分はまだ人口希薄であるが,インドネシアの新しい開拓地でもあり,近年は地下資源の豊富な埋蔵(特にニッケル,鉄鉱)も確認され,将来の開発の可能性は大きい。

別技 篤彦