平凡社 世界大百科事典

トコブシ

ミミガイ科の巻貝。もとは床伏しの意で,海底の岩に付着する状態からついた名と思われる。またアナゴ,ナガレコ,ナガラミなどの地方名がある。殻の長さ7cm,幅5cm,高さ1.5~2cm。卵楕円形で低くて平ら。アワビの幼貝に似るが,背側縁に沿ってある穴の列の穴はアワビ類の4~5個に対し6~8個あり,また穴は小さくて盛り上がらない点で区別できる。巻きは小さく低く殻の後方に寄り,最後の巻きがほかに比べはなはだ大きく大部分を占める。表面の肋は多くは弱く欠くこともあり,黒みを帯びた褐色で,緑褐斑などがある。内面は強い真珠光沢がある。北海道南部より九州まで分布し,潮間帯付近の岩礁にすむ。褐藻などの海藻を食べる。産卵期は9~10月。肉は灰褐色で軟らかく,味はよく,塩蒸し,含め煮などとし,また缶詰にもする。近縁のフクトコブシS.d.diversicolorは奄美以南に分布し,殻はトコブシに似るが,殻の巻きはじめが多少高まり,殻の表面には肋が明らかな個体が多い。

波部 忠重
図-トコブシ
図-トコブシ