平凡社 世界大百科事典

スンバワ[島]

インドネシア中部,小スンダ列島中央部の島。ロンボク島とフロレス島に挟まれる。面積1万3980km2。人口約41万。主都は東部のラバ。東西に細長く延びる。海岸線の出入りがきわめて複雑で,ことに東部にはサレー,サンガル,ビマなどの湾入と,それに伴う小半島の突出がある。内陸部諸所に新期の火山が噴出する。北岸中央の最高峰タンボラ火山(2850m)はかつては標高4000mを超えていたが,1815年の大爆発(有史以来,世界屈指の爆発として知られる。死者5万)で現在の高さになった。平地は少ないが土壌は肥沃で,トウモロコシ,綿花,タバコ,米,白檀木などを産する。小型の馬の飼育も盛んである。

別技 篤彦

スンバワ島民

島はかつて東部のビマ,ドンプーと西のスンバワの3土侯国に分かれていたが,住民は文化的に東西に二分される。住民はいずれもマレー系でイスラム教徒であるが,東部の人々はパプア人の特徴もかなり保有している。ビマ人は他の東部の人々よりも背が低く色黒で,東方のフロレス島やスンバ島の言語に似たビマ語を話す。一方,西スンバワ人は西隣のロンボク島のササク語に似たスンバワ語を話す。社会組織はやや父系に傾くが双系的で,世帯規模は核家族的である。この核家族が二つ三つといっしょになったような世帯はないし,世代を重ねた直系家族も生じていない。双系的な親族は権利義務集団を形成せず,結婚後の居住は夫婦単位の新居住形式をとっている。スンバワ社会はイスラム化が進み,他のインドネシア社会と同じく文化・政治・社会面でイスラムと伝統的な慣習法との間に明確な領域区分が成立しているものの,実際にはモスク(イスラムの礼拝堂)につとめる宗教指導者が結婚,離婚,相続などにも関与している。

倉田 勇